汗疱状湿疹(汗疱)とは掌や足の裏、または指の隙間な…

汗疱状湿疹(汗疱)とは掌や足の裏、または指の隙間などに小さめの水疱ができる皮膚病で、世間一般では汗疹(あせも)と呼び、足裏に出現すると足水虫と混同されることが多くあります。

ビタミンB1不足が原因の脚気の症状は、手や脚がしびれたり下肢の浮腫みなどが目立ち、病状が進行すると、最悪の事態では呼吸困難に至る心不全を呼び込む可能性があります。

脳内にあるセロトニン(5-HT)神経は、自律神経を調整したり痛みを抑制し、様々な器官の覚醒などを司っていて、単極性気分障害(大うつ病)の人は機能が低減していることが証明されている。

自転車の転倒事故や屋根からの転落など、大きな力が体にかかった場合は、複数箇所に骨折が生じてしまったり、開放骨折に至ったり、他の内臓破裂してしまうこともあります。

普通では骨折に至らない位の僅かな力でも、骨の一つのポイントに幾度も続けてかかってしまうことで、骨折が生じることがあるので気を付けましょう。

胃食道逆流症(GERD)の一つである逆流性食道炎は、食事の欧米化やタバコを吸う事・お酒を毎晩飲む事・隠れ肥満等のライフスタイルの変化、ストレスに縁り、殊更日本人に増加している疾患だといえます。

UV-B波は、UV-A波と比較すると波長が短いという性質があるため大気中のオゾン層を通る際にその一部が吸収されますが、地上まで届いたUV-Bは皮膚の表皮の内部で細胞のデオキシリボ核酸(遺伝情報)を破損させたりして、肌に良くない影響を与えるのです。

「沈黙の臓器」とも呼ばれる肝臓に脂肪や食物由来コレステロールが溜まった状態の脂肪肝(しぼうかん、steatosis hepatis)は、肝硬変や脳梗塞というような色々な病気の誘因となるかもしれません。

好気性桿菌の結核菌は、感染した人が咳き込むことで外気や内気の中に振りまかれ、空中にふわふわ飛んでいるのを違う人が呼吸の際に吸い込むことで拡がっていきます。

めまいが出ず、強い耳鳴りと難聴の症状を何度も発症するタイプの事を「蝸牛型メニエル病(Cochlear Meniere’s Disease)」という呼称で呼ぶ場合もままあります。

脂溶性であるビタミンDは、カルシウムが人体に吸収されるのをサポートする特質が有名であり、血中のカルシウム濃度を調整して、筋肉の動作を適切に調節したり、骨を作り出します。

トコトリエノールの働きは抗酸化機能がおそらく一番有名ではありますが、これ以外にも肌を美しくしてくれる効果や、血清コレステロールの生産を抑えることが認められています。

目と目を合わせることで、患者がセラピードッグをとても愛おしいと思った場合に「絆のホルモン」とも呼ばれるオキトキシンが分泌され、最終的にはストレス軽減や心の癒しなどに結びつきます。

ヒトの耳の内部構造は、耳殻側から順番に「外耳(がいじ)」「中耳」「内耳」の3か所に分類することができますが、中耳の近くに様々なばい菌やウィルスなどが付着して炎症が誘発されたり、液体が滞留する病気が中耳炎というわけです。

下腹部の激しい痛みをよく起こす代表的な疾患には、盲腸と混同しやすい大腸憩室症、尿管などに石ができる尿路結石症、潰瘍性大腸炎(UC)、腹膜に炎症が起こる急性腹膜炎、子宮の疾患などがよくみられるようです。

>>厳選青汁premiumを楽天?で買うの?公式サイトがお得だよ

SNSでもご購読できます。