欧米諸国では、新しく開発された薬の特許が切れた4週…

欧米諸国では、新しく開発された薬の特許が切れた4週間後には、市場の8割がジェネリック(ジェネリック医薬品)に取って代わるというクスリもある位、後発医薬品は地球上で浸透しているという現実があります。

加齢に伴う耳の聞こえ辛さにおいてはちょっとずつ聴力が低くなりますが、大半の人は還暦を過ぎないと聴力の減退をしっかりとは自認できないものです。

男性だけにある前立腺という生殖器はその成長や働きに雄性ホルモンが大きく関わり、前立腺に現れてしまったガンも同様に、アンドロゲンの影響で肥大化してしまいます。

基礎代謝(Basal Metabolism、BM)とは人間が動かなくても使用してしまうエネルギー量のことで、その大部分を様々な筋肉・最大の内臓である肝臓・脳の3種類が占めるのです。

インキンタムシ(陰金田虫)という病気は20~30代の比較的若い男性に多く見られており、大方股間の辺りにのみ広がり、走ったり、入浴後など全身が温まった時に強烈なかゆみをもたらします。

不整脈である期外収縮(きがいしゅうしゅく)の場合、特に病気ではなくても出現することがあるためさほど深刻な健康障害ではないにしても、短期間で発作が繰り返して起こる時は危険です。

ジェネリック医薬品(generic drug)というものは新薬の特許が無効になった後に販売され、新薬と同一の成分で負荷を低くできる(金額が安価な)後発医薬品のことを指します。

胃食道逆流症(GERD)の一種である逆流性食道炎は、食事内容の欧米化に加えて能動喫煙・アルコール・体重過多などの生活習慣の質の低下、ストレスなどによって、現在日本人に患者が多い病気の一種です。

脂漏性皮膚炎(しろうせいひふえん)というのは皮脂の分泌異常が誘因で発病する湿疹で、分泌が異常をきたす因子としてアンドロゲンとエストロゲン・ゲスターゲンの均衡の崩れやリボフラビンなどビタミンB群の不足などが注目されているのです。

下腹部の疝痛をよく起こす主な疾患には、盲腸と間違うことの多い大腸憩室症、腎や尿管などの尿路結石症、難病指定されている潰瘍性大腸炎、腹部外傷や消化器疾患が原因で起こる急性腹膜炎、女性特有の疾患など、色々な部位の病気がみられるでしょう。

花粉症の病状(鼻水、鼻詰まり、連発するくしゃみ等)のために夜よく眠れない場合、それが災いして慢性的な睡眠不足となり、翌日起きてからのすべての活動にダメージを及ぼすことも考えられます。

肥満の状態というのは前提として食事内容や運動不足が主因ですが、量は変わらないごはんであれ、慌ただしく食べ終わる早食いを続ければ脂肪過多に陥っている肥満の状態を招きやすくなるようです。

自動体外式除細動器(AED)とは医療資格のない人でも利用する事のできる医療機器で、本体からの音声ガイダンスに応じておこなうことで、心臓の心室細動に対しての応急処置の効果を実現します。

亜鉛は、遺伝情報(DNA)やタンパク質の合成に欠かせない様々な酵素や、細胞・組織の活動に深く関係する酵素など、約200種類以上の酵素を構成する物質として絶対に欠かせないミネラルの一種です。

肝臓を健やかに維持するためには、肝臓の毒素を分解する作用が衰えないようにすること、別言すると、肝臓の老化対策を迅速に開始することが必要なのです。

SNSでもご購読できます。