我が国における結核への対策は、昭和26年に生まれた…

我が国における結核への対策は、昭和26年に生まれた「結核予防法」に従う形で進められてきましたが、平成19年からは多くの感染症と一緒に「感染症予防法」に沿って実行される運びとなったのです。

最大の内臓である肝臓に脂肪やコレステロールが溜まった状態の脂肪肝(fatty liver)という病気は、肝硬変や糖尿病といったいろいろな病気をもたらすかもしれません。

ジェネリックという医薬品とは新薬の特許が無くなった後に販売され、同一の成分で自己負担分の小さな(価格が廉価な)後発医薬品です。

HIV(human immunodeficiency virus)を含んだ血液、精液をはじめ、唾液、母乳、腟分泌液といった類の体液が、乳飲み子等の傷口や粘膜等に触れることにより、感染のリスクが大きくなってきます。

ビタミンB6には、あのアミノ酸(Amino acid)をクレブス回路と呼ばれているエネルギー源の利用に必要となる回路に取り込ませるため、再び細分化するのを助けるという動きもあるのです。

アルコール、薬、合成保存料を始めとした食品添加物等の物質を特殊な酵素によって分解して無毒化する機能の事を解毒といい、多機能な肝臓の果たす代表的な活動の一つだということは間違いありません。

3つのアミノ酸からできているグルタチオンには、細胞の機能を悪化させたり変異を招く悪質な物質を身体の内部で解毒し、肝臓の動きを促進するような特性が分かっています。

自分で外から眺めただけでは骨折しているのかどうか区別がつかない時は、ケガをした部位にある骨を優しくプッシュしてみて、もしその部分に強烈な痛みが響けば骨折の可能性があります。

結核の原因となる結核菌は、菌に感染した人がゴホゴホと咳き込むことで内気の中に振りまかれ、空中にふわふわ飛んでいるのを別の誰かが空気と一緒に吸い込むことにより感染していきます。

「とにかく忙しい」「面倒くさい人との付き合いが嫌でしょうがない」「あらゆる技術やインフォメーションの進歩になかなか付いていけない」など、ストレスが蓄積されてしまう素因は十人十色です。

冠動脈の異常である狭心症の外科手術ではほとんどの病院で「大動脈内バルーンパンピング(IABP)」もしくは「大動脈冠動脈(かんどうみゃく)バイパス術(CABG)」という2種類の治療方法が活発に使用されています。

脂肪過多に陥っている肥満はあくまで摂取する食物の内容や運動不足が誘因ですが、同量の食事であったとしても、慌てて食べ終わる早食いを続けていれば体重過多に陥っている肥満を招きやすくなるようです。

気分障害のうつ病というのは脳内で分泌される神経伝達物質の「セロトニン」が足りなくなり、不眠、強い憂うつ感、著しい倦怠感、疲労感、食欲不振、体重の減少、焦燥感、顕著な意欲の低下、希死念慮、そして重症化すると自殺企図等の辛い症状が2週間以上続きます。

内臓脂肪症候群であるとは言われていなくても、内臓の脂肪が多く蓄積しやすい型のよくない体重過多が存在する事によって、重い生活習慣病を発症する可能性が高まります。

目と目を合わせることなどで、入居者が動物をすごく可愛いと思う時にホルモンのオキトキシンが分泌され、最終的にはストレスの低減やヒーリングに繋がっていくのです。

SNSでもご購読できます。